声優の仕事とはどんなもの?詳しく教えます!


声優になったらこういう事をします

声優とは、声にまつわる仕事をこなす人の事です。身近なところで言えば、アニメキャラクターやゲームキャラクターの声を演じる事や、映画の吹き替えなどが、声優の仕事例として挙げられます。その中で変わったものを挙げると、テレビCMにつかう声を担当したり、ラジオのナレーションなどを引き受けたりするという事もあります。声優になる為の方法は、専門学校や養成所に通うのが一般的ですが、声優事務所のオーディションを受けて合格するという方法もあります。しかし、いずれにしても狭き門なので簡単になる事はできません。基礎的な訓練と努力が必要になります。

アニメでの声優の仕事内容とは?

声優の仕事といえば、アニメにまつわるお仕事が一番イメージしやすいのではないでしょうか。アニメでの声優の主な仕事は、多くの人がイメージしている通り登場キャラクターの声を演じる事です。一般的なテレビアニメは1話30分で作られているので、仕事の作業時間は他の仕事と比べれば比較的短いです。しかしアニメの声優は競争率が高く、多くの人がなりたがる為、有名になるにはかなりの努力が必要となります。

学校に通って学ぶ事のメリットとは?

学校で学ぶ事の一番のメリットは、基礎的なスキルが身につけられるという点です。学校では、プロの声優が講師になる事もあるので、役立つ知識をしっかり吸収できます。また、実際の仕事の内容や現場の話などを聞く事ができたり、経験が活かされた実用的な授業を受ける事ができます。仕事現場を体験する実習などもある為、プロになる前に現場の雰囲気を味わう事ができるというのも、学校に通う事で得られるメリットの一つです。

アニメなどの声を担当する人を声優と言いますが、声優の専門学校ではそう言った声優の方々を育成しています。

前へ 投稿

© 2019 Financial Volatility