安易な売却は要注意。ファクタリングに潜む2つのデメリット


債権譲渡登記が必要になる

手元にある売掛金をすぐに現金化してくれるファクタリング。現金がすぐにほしいときにありがたいサービスですが、実際におこなうときにはいくつか注意点があります。その1つが「債権譲渡登記」が必要になるということです。

債権譲渡登記とは売掛金や買掛金などの債権を第三者に譲渡したことを証明する登記です。債権者が1つの売掛金を複数のファクタリング会社に対して譲渡して、不正に資金を入手するのを防ぐためにあります。これがあると法律により正式に売掛金が譲渡されたことが認められるので、買い取ってもらいたい売掛金が大きいほど、債権譲渡登記を求められるようになります。登記をするときは法務局で手続きをおこなう必要があり、そのときに数万円ほどの手数料がかかるので注意してください。

買い取り時に発生する手数料が高い

ファクタリングにおけるデメリットの2つ目は「手数料が高い」ことです。ファクタリング会社とは慈善団体ではなく、営利を上げることを目的とした企業法人なので、売掛金を売却したときに手数料が発生するようになります。
手数料の相場は、2社間で発生した売掛金ならば、10%から30%ほど、3社間での売掛金ならば2%から5%ほどが一般的です。これはあくまで目安であり、債務者側の信用度合いやファクタリング会社の事情によって手数料の割合が変わることがあるので、売却する前に一度は確認するようにしてください。
売掛金の何割かをファクタリング会社に持っていかれるのは辛いかもしれませんが、すぐに現金にしてくれるというメリットもあるため、手数料に関してはある程度は容認するようにしましょう。

ファクタリングの利用が多いのは建設業界です。発注した仕事が下請け・孫請け企業が受ける形になり、構造が複雑であるとともに支払いサイクルが長いためです。

次へ 投稿

© 2019 Financial Volatility